海ぶどうのおいしい食べ方と保存方法とは?

スポンサードリンク




 

沖縄では、人気の食べ物の海ぶどう
あまり聞きなれませんが、意外とおいしい食べ物なんです。

海ぶどう

 

海ぶどう食べてみたいけど、食べ方や保存方法がわからなくて・・・。

 

そんな風に悩んでいるあなたに、
海ぶどうのおいしい食べ方と保存方法を紹介しちゃいます。

 

海ぶどうとは

海ぶどうは、別名クビレズタととよばれている海藻で
沖縄県では、海ぶどうやグリーンキャビアと呼ばれていて
食用として食卓にならんでおいしくいただかれています。

 

プチプチとしていて、あっさりした食感がとてもいいですよね。

 

おいしい海ぶどうの食べ方(レシピ)とは

 

海ぶどうのプチプチした食感が特徴で
生のまま食べるのが1番おすすめなんです!

 

食べ方は、醤油や三杯酢をつけて食べるのが最もポピュラーなんです。

 

お刺身の付け合わせに海ぶどうがでてくるなんてことも
沖縄では、日常的にあるんですよ。

 

お刺身の付け合わせとは、相性抜群で見た目もすごく華やかになっちゃいます

※沖縄では、スーパーなどで購入することができちゃいます。

 

春巻きにしても、おいしくいただけます♪

 



 

海ぶどうの酢の物

 

ダシ、醤油、ミリン、酢、シークワーサーで付け汁を作り
付け汁をひと煮立ちさせます。

・海ぶどうをザルに入れてきれいに水洗い
準備した付けダレを小皿に入れたら完成

 

※海ぶどうを食べる分だけとって、付けだれにつけて
シンプルに食べるのが一番おいしくいただけます♪

 

海ぶどうの楽しみ方は、付けダレや一緒に食べる食材の組み合わせを
変えることで、一味違った海ぶどうを楽しめます。

 

他に、沖縄でメジャーな食べ方は、丼物なんですよ。

海ぶどうを使った豊富な丼ぶりがあるんです。

 

例えば、海ぶどう丼と言って、ご飯の上に海ぶどうが敷き詰められていて、
中央に卵が乗っているものや海鮮丼に海ぶどうをのせたものもあるんですよ♪

 

海ぶどうは、生で食べる、生でスーパーなどで販売されていることから
購入した後の保存方法はどうやるの?って疑問を感じる方も多いと思います。

 

そこで、保存方法を紹介しちゃいます

 

海ぶどうの保存方法は?

 

生ものなので、冷蔵庫などでの保存を考えると思いますが
実は、それは間違いなんです

 

海ぶどうは、亜熱帯地域に育つ海藻
寒さには非常に弱く、すぐに死んでしまうからなんです。
(実が、縮んでしまします)

そんなことから、15度以上の室内で常温保存するのがベストなんですよ。

※この常温保存をすると約5日間保存することができます。

 

海ぶどうの保存方法番外編

 

海ぶどうは、水槽で保存すると、約2週間保存できちゃいます。

 

熱帯魚などと同じ感覚で、同じような環境で育てると
一ヶ月以上新鮮な状態を保つことができちゃいますよ。

 

そして、海ぶどうが成長していく方法もあるんです。

 

ホームセンターで販売されている水槽とポンプやヒーターなどを購入し水槽にセットします。
そこに、海水をいれると現状維持どころか海ぶどうは、成長を続けちゃうんですよ

 

ポイント

 

水温と光の二つを抑えておきましょう

 

水槽を置く場所は、光がたくさん当たる場所で
太陽の光に当たることにより、鮮やかな緑色に成長します。

 

水温は、海ぶどうが育ちやすい環境にしてあげるが大切です。

 

これで、海ぶどうをおいしくいただける!
そして、保存方法もOKで、食卓に気兼ねなく並べる事ができ
にぎやかな、家族だんらんができちゃいますね



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player