さんぴん茶の効能とは?意外とすごい効果がある!

スポンサードリンク




 

さんぴん茶って知っていますか?

沖縄でとってもポピュラーなお茶!

それが、さんぴん茶なんです。

 

 


スポンサードリンク


さんぴん茶とは

 

さんぴん茶とは、ジャスミン茶のことをさしているんですよ!

さんぴん茶

さんぴん茶という名前のの由来は、
琉球王国時代に中国から伝わった香片茶(シャンピエン茶)
さんぴん」に転じたとされています。

 

沖縄では、定番となっているお茶で
緑茶やウーロン茶よりも人気なんです。

 

1993年に沖縄ポッカが缶入りさんぴん茶
発売開始したことで他のメーカーも製造販売を開始!

 

1番の特徴は香りなんです。

 

ジャスミンのさわやかな香りが、リラックス気分にさせてくれます。

 

リラックス

 

さんぴん茶の成分は?

 

さんぴん茶は、元々、緑茶にジャスミンの花の香りを移しているお茶です。

 

そう、実は緑茶ということになります。

 

さんぴん茶を製造販売しているおおくのメーカーの中から
1つのさんぴん茶の成分表をみてみました。

 

100mlあたりの成分のようです。

 

・カロリー:0
・たんぱく質:0
・脂質:0
・ナトリウム:8mg
・リン:0.9mg
・カリウム:11.5mg
・カフェイン:17mg

 

こんな成分が含まれています。

成分を見た限り特別なお茶ではなく、普通のお茶として飲めちゃいますよね。

 

※最近のさんぴん茶には、カテキンやビタミンCが含まれた種類もあります。

 

 

さんぴん茶の効能って何がある?

 

どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

さんぴん茶は、緑茶の効能もありますが、
その香りによる効能が1番の特徴になるんです。

 

 

ジャスミンの香りの主な効能(効果)

 

・リラックス作用
・抗うつ作用

 

自律神経の緊張をへらして、イライラ解消にもなるため
精神の安定が期待されています。

 

その結果、疲労を回復したり、集中力を高める効能までも期待できちゃいます。

 

その他にも、血液循環を促進や消化促進作用、利尿作用などの効果がありますよ。

 

 
飲み口がさっぱりすっきりしているさんぴん茶!
 

このさっぱりすっきりも大きな効能

 

この飲み口は、油っぽい食事や味の濃いものにとても相性がいいんです!
なので、油っぽい沖縄料理には、とてもよく合います。
沖縄で、人気の理由は、ここだと感じますね。

 

そんな、さんぴん茶はいろいろなメーカーが
製造しているために種類豊富にあります。

 

※沖縄ならではのお茶は、他にうっちん茶(うこん茶)やグアバ茶がありますが
最近は、これらにさんぴん茶をブレンドしたものあります。

 

数多くのさんぴん茶の中から、あなた好みのさんぴん茶を見つけて
愛飲し毎日をリラックスして過ごすのもアリですね!

 



Sponsored Link


“さんぴん茶の効能とは?意外とすごい効果がある!” への2件のフィードバック

  1. jnc1013 より:

     こんにちは。上海在住の中国人で、ソウと申しますが、さんぴん茶について読ませていただきましておもしろかったです。1月に沖縄旅行に行った時、初めてさんぴん茶を飲みましたが、中国の茉莉花茶と比べると、ほとんど茉莉花の香りがしなかったです。ですから、それが茉莉花茶とはぜんぜん思ってもいなかったです。
     御高文を読んでちょっと不思議に思ったのは、中国にいろいろなお茶があるのに、どうして沖縄の人が特に茉莉花を入れた「香片茶」を好きになったのか、ということでした。油っぽい料理にあうといえば、ほかの中国茶もではないかと思いますが、いかがでしょうか。
     また、沖縄の人が琉球王国時代からさんぴん茶を飲んでいたといわれていますが、その根拠にはどんなものがあるのか、分かっていれば教えていただきたいです。よろしくお願い申し上げます。
     

    • マー坊 より:

      コメント、ありがとうございます。
      私のわかっている範囲で、さんぴん茶は琉球王朝時代、中国との交易によって沖縄に
      「香片茶」が持ち込まれたという事のようです。
      そのころから、飲まれているようです。

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player