もずく酢のダイエット効果とは?おいしい作り方とコツ!!

スポンサードリンク




 

 

今でこそ、スーパーなどでよく見かける大人気の”もずく酢”!
大人気の理由には、健康食材として注目されているからなんです。

 

もずく

 

でもこんな風に考えていませんか?

 

どんな効能があって効果があるのかなぁ?

 

そこでもずく酢の効果を紹介しちゃいます。

 


スポンサードリンク



 

もずくとは

 

モズク(水雲、海蘊 、藻付、海雲)は、
イトモズクとも呼ばれていて
糸状藻類(枝分かれの海藻類)です。

 

もずく酢の効果とは?

 

もずく酢は、ヌメリ成分と酢の酢酸が
ダブルで効く”血液サラサラ食品”と言われています。

 

どんな効果が期待できるの?

 

もずく酢の効果とは

 

・コレステロールと中性脂肪を下げる(血液サラサラ)

もずくのヌメリ成分(フコイダンという多糖類)は
食物繊維の一種で、特にもずくに豊富に含まれているんです。

 

血液がサラサラになるのは、
フコイダンが腸でコレステロールや中性脂肪の吸収を阻害し、
吸着して排泄を促すためとされています。

 

※効果を得るためには、もずくは1回80gを2週間以上継続して
酢は、大さじ1杯を摂る事が大切になるようです。

 

 

・血糖値の上昇を抑制

食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ働きがあるフコイダンと酢!
もずく酢を食事のメニューに加えれば、血糖値の上昇を抑止できちゃいますよ。

 

 

・免疫力の強化や癌(ガン)などの病気を防ぐ

フコイダンや黒酢は免疫力を高めるだけじゃないんです。
細菌に感染した細胞を死滅させる働きをする
リンパ球やナチュラルキラー細胞を活性化させる効果もあるんですよ。

 

三大健康効果が期待できちゃいます。

 

 

もずくには、弱った胃の粘膜を修復して
胃の機能を回復させる効能があります。

 

 

さらに、腸壁を刺激して便通が良くなったり
ピロリ菌やアレルギーを抑える働きまであるんですよ!

 

 

酢には、疲労物質を減らす働きがある上に
エネルギー消費量をアップさせる効果があります。

 

こんなことから、もずく酢は、”体が喜ぶ食品”と言われているんですね。

 

どんなタイミングで食べたら効果が大きい?

 

もずく酢の効果を得るためには、
食前食後など食べるタイミングに悩みませんか?

 

 

もずく酢の効果的な食べ方

 

効果的に摂取するには食事のタイミングが大切!

 

効果が期待されるのは食前

 

最初に摂ることで、脂肪吸収や血糖値の上昇を抑える働きが
存分に発揮され胃の粘膜にフコイダンが働きやすくなっちゃいいます。

 

もずくは加熱するとフコイダンが溶け出して
さらに吸収効率が上がります。

 

もずく酢として食べる以外には
味噌汁やスープなど温かい食材として
または、天ぷら
調理して頂くのもオススメですよ。

 

 

こんな効果も期待大!

 

ダイエット効果や美容に効能がありますよ♪

 

フコイダンは腸内でコレステロールや中性脂肪の吸収を阻害し、
吸着して排出を促してくれるので、デトックス効果が期待できます

 

酢醤油で食べると、酢との相乗効果で
さらに血液もサラサラにしてくれます。

代謝機能がアップするので、
エネルギー消費量が上がり、ダイエットに効果があります。

 

さらにフコイダンと酢には、
食後の血糖値の上昇を防ぐ働きがあるので、
食べたものがゆっくりと消化吸収される効果があります。
食前に食べると、ダイエット効果が期待できます。

 

もずくは他にもビタミンやミネラルといった
栄養素を豊富に含んでいるため、健康効果も期待できます。
ダイエット効果だけでなく、貧血や肌荒れなどの改善として美容効果があります。

 

おいしいもずく酢の作り方レシピ♪

 

実は、超簡単に作れちゃいます!

 

 

 

作り方のコツと手順

 

もずく酢のレシピ

 

準備する材料材

モズク:200g
だし(昆布と鰹):1/2カップ
米酢:大さじ2~3杯
みりん:大さじ1
砂糖:大さじ1/2
うすくちしょうゆ:大さじ1/2
すりおろしワサビやショウガ:適量

 

作り方の手順

 

・もずくは常温だと溶けてなくなってしまうので、塩で保存されています。
塩を抜くために、もずくはたっぷりの水に30分くらいつけておきます。
その後、食べやすい長さに切っておきます。

 

・だしと調味料をあわせてひと煮たせていきます。
粗熱をとって冷蔵庫で冷やします。

 

・だし汁ともずくを器に盛ります!
お好みでわさびやおろししょうがを添えて完成!

 

もずく酢完成

 

超簡単に、時間もかからずにできちゃいます。

 

 

コツとポイント

 

もずくの塩がきついと感じたら、さっと茹でましょう!

米酢の量はお好みで調整!

まろやかな酸味をだしたいなら、米酢は2杯程度がおすすめですよ。

 

 

番外編

 

きゅうりも一緒にしちゃいましょう!

 

もずくきゅうり

 

もずくはきゅうりとの相性が抜群!
薄切りにしたきゅうりを一緒に盛り付けるだけで
しゃきしゃきとしたはごたえが味わえます。

 

きゅうりは切る前によく板ずりしてください。
板ずりとは、まな板の上にきゅうりをのせ、
塩をふって全体になじむよう少し強めにこすりつけるように
手のひらで転がしていく作業です。

 

塩をなじませるだけでなく表面もなめらかになります。
塩で水分が抜けてしんなりしますが、その分味が染み込みやすくなります。

 

スーパーで、販売されているもずく酢も良いのですが
あなた自身のオリジナルを作って家族で頂いてみてはいかがでしょう!



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player