漏電とは?ブレーカー(遮断機)が落ちる原因とは?

スポンサードリンク




 

電気が生活には欠かせない現代!
突然の停電、で家中真っ暗になったことはありませんか?

 

そんな時、まっさきに確認するのがブレーカー(遮断機)ですよね。

 

実は、ブレーカー(遮断機)は、漏電という形で
大雨(ゲリラ豪雨)や台風の激しい雨、雷のあとに
あなたの生活に支障をきたすことがあります。

 


スポンサードリンク



 

漏電とは

 

漏電(ろうでん)は、絶縁体の絶縁が破れて
導体間が電気的に接続されることによって起こる現象。
本来の目的である電気回路以外に
電流が流れるということをさします。

 

もうちょっと分かりやすく言うと

 

電気の漏れを防止するために
屋内の配線や電気器具には、
絶縁体というものが取り付けられています。

 

その絶縁体が古くなって損傷
または、水をかぶったりするとことで起きる現象!

 

電気が漏れる「漏電」となるわけです。
漏電は感電事故や火災の原因となるので
ほっとく訳にはいきません。

 

漏電の原因として

 

・絶縁体の劣化による破れや破損

・水濡れ

・塩害

・アースの誤った使用

 

※他にもねずみに、かじられたり
人的破損などでも起こります。

 

漏電ブレーカー(遮断器)って何?

 

漏電

 

漏電ブレーカー(遮断器)は、
電気の配線や電気製品が漏電した時
電気の供給を遮断して、感電や火災を防いでくれる物。

 

分かりやすく言うと

 

電気の配線や電気製品が
何らかの不具合で電気が漏れると、電気を切ってくれる装置。

 

これが、漏電ブレーカ(遮断機)なんです。

 

分電盤に取り付けておく事で
電気設備や電気器具の漏電による感電などを
大きな事故になる前に未然に防ぐ役目をしているんですね。

 

漏電ブレーカーが落ちる(切れる)原因って何?

 

原因としては

 

・電気機器のどこかで漏電
・電気製品(洗濯機エアコン)そのものが漏電
・電気配線が漏電
・電気の配線や屋外コンセントで漏電
・漏電ブレーカー誤動

 

漏電ブレーカーが落ちた時はどう対処するの?

 


あわてずに行えば、素人の作業でも
修理するまでに電気を使うことができちゃいます。

 

作業手順として

 

・漏電箇所のブレーカーを特定します

 

全てのブレーカーのレバーを下に下げます。

 

主幹ブレーカー(メインブレーカー)があれば
漏電ブレーカーのレバーを上げます。
※各コンセントに電気は流れていない状態です。

 

右側のたくさんあるブレーカーのレバーを
1つずつ順番に確認しながら上げていきます。

 

この作業中に、漏電ブレーカーが落ちたら
最後に上げたブレーカーの部分が漏電している場所になります。

 

※そのブレーカーの位置を覚えます。
(マークや番号をふってもいいと思います)

 

先ほど特定した漏電箇所を以外の電源を入れていきます。

漏電していない場所以外の電気を供給するという事です。

 

漏電している場所は、今、電気が流れていませんので
電気が来ていない部屋のコンセントから
全ての家電製品のプラグコードを抜いていきます。

 

そして再度、漏電している場所の
ブレーカーを上げて電源を供給します。

 

この時、何事も怒らなければ、
先ほどコンセントから抜いた機器のどれかが
漏電していることになります。

 

電気製品を点検修理に出しましょう。

 

ここで、漏電ブレーカーが働た場合
漏電箇所のブレーカーだけを電源を切った状態にして
電気工事店に連絡し、修理してもらいましょう。
(配線や、漏電ブレーカー自体が故障していると考えられます)

 

感電事故や火災を未然に防いでくれる
漏電ブレーカーは、故障していたら大変です。
もしもの時のために、定期的に点検しておきましょう。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player