赤ちゃんのあせも!治し方と対策とは?

スポンサードリンク




 

あせもってなぜできるの?
小さな赤い発疹ができやすいのは
おでこ、頭、首の周り、わきの下、背中、手足のくびれ!

 

 

あせもを夏の肌トラブルと思い込んでいませんか?

 

夏

 

赤ちゃん(乳児)や子どもは
最近では、冬でもあせもになってしまう事
増えてきているそうなんですよ。

 

 

あせもになる原因は、汗をかくことです。

 

 

最大の予防は、汗をかかないことなんですが
そんな話は、到底無理な話ですよね?

 

 

そこで、耳寄り情報をお知らせします!


スポンサードリンク


あせもとは

 

あせもは、あまり知られていませんが
汗疹(かんしん)とも呼ばれています。

 

 

あせもは、皮膚疾患の1つで
小水疱や小丘疹が汗をかいた時に
現れる症状をさします。

 

 

症状として

 

小水疱・小丘疹があらわれますが
あまり痒みはないことが多いようです。
でも、湿疹を併発すると痒みがでます

 

 

原因として

 

汗をかいたときに、
体の外に汗を出すことができずに汗が
皮膚の中にたまってしまうことが原因です。

 

 

赤ちゃんのあせもどうして増えてるの?

 

 

赤ちゃんや子供って、ちょっと動いただけで
たちまち汗で、びっしょりになってしまいますよね?

 

子供

 

その汗の量は、なんと大人の3倍近くの汗をかくと言われています。

 

 

理由は、新陳代謝が非常に良く
また、体温が高いためだと言われています。

 

 

そして、ビックリするでしょうが
汗が出る汗腺の数は生まれた時点で
大人と同じ数があるのですよ。

 

 

 

汗腺の密度が皮膚の面積に対して
高いことも、あせもの原因のひとつなのです。

 

 

 

汗をかいたままにしておく
ここが、トラブルの原因になるんです。

 

 

 

あせもを予防するポイント

 

必要以上に汗をかかせないことが大切!

 

 

室内では、クーラーを使って
25℃以下の室温を保つように心がけましょう。

 

 

夜寝ている間も大量に汗をかきます。
外気との温度差を5度以内に設定し
快適にし過ごしやすい空間をつくりましょう。

赤ちゃん1

 

洋服は通気性、吸湿性が良いもの着せましょう!

 

 

汗をかいたままの状態が
長く続かないようにぬらしたタオルで
体を拭いたり、服を着替えさせたりしましょう。

 

※ぽんぽんと押さえるようにしてあげる事がコツです。

 

 

冬でもあせもができる赤ちゃんや子供が増えている!

 

この原因は、厚着なんです。

厚着

 

汗っかきな子どもは、暑がりです。
着せる服は、大人より1枚少なくを心がけましょう!

 

 

あせも予防のカギ

 

お子さんがいつも笑顔でいられるように
体温調節がしやすい服を着せてあげましょう。

 

 

治し方(予防も含みます)

 

当たり前の事ですが
こまめに着替えさせることが
あせもの予防になります。

 

また、赤ちゃんの夏風邪予防にもなるので、
こまめにやってあげましょう!

 

あせもになったらどうするの?

 

皮膚表面に空気が流れるようにしていれば、
約1~2日で自然に治っていきます。

 

 

症状が軽い内は、市販の薬で様子をみましょう!

 


かきむしったり、症状が悪化するようであれば
皮膚科で診察をうけましょう。

 

 

環境や服装、正しい汗の処理で
あせものないすこやか肌で元気に過ごさせていきましょう。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player