パパイヤ!どんな食べ方があるの? 栄養は?

スポンサードリンク




 

パパイヤを皆さんは、どうやって食べていますか?
味に特徴ないパパイヤは、味がぼけやすいので最大にパイヤらしさを楽しむのは
やはり生のままデザートとして楽しむのが一番ですよね!

 

 

そう思ったあなたに、一味違ったパパイヤの食べ方を紹介します。

 

沖縄では、パパイヤをチャンプルーにしておいしくいただきます。


スポンサードリンク


チャンプルーとは

 

野菜や豆腐などを炒めた沖縄料理で「ごっちゃ混ぜ」という意味です。
これは、野菜や豆腐などに限らず、いろいろな食材を使った炒め物の料理です。

 

代表的なチャンプルー料理

 

・ゴーヤチャンプルー
・そうめんチャンプルー
・マーミナーチャンプルー(マーミナーは、もやしです)
・麩チャンプルー
・豆腐チャンプルー

どれもおいしいですよ。
沖縄を訪れたら食べておきたい郷土料理ですね。

 

パパイヤチャンプルーの作り方(レシピ)を簡単に紹介

 



 

準備する材料

・にんじん 小1本
・パパイヤ 中1個
・ポーク 1/4個
・ニラ 少々
・醤油
・だしの素
・塩

 

調理手順

 

・材料を切る
食材を短冊に切っていきます。

・パパイヤ、にんじん、ニラを炒める
蓋をして、材料がしんなりするまで炒める

・ポークを入れる
ポークは、縦長に切る

・最後に、醤油、塩、だしの素で味を整えて完成!

 

チャンプルー

どうです?簡単でしょう!

これだけで、パパイヤをおいしくいただくことができちゃいます。

 

実際に料理したら、栄養も気になりますよね!

 

パパイヤの栄養は何がある?どんな効能がある?

 

 

なんとパパイヤは栄養の詰まったパラダイス!

 

果物の中でも栄養価が高いとされています。
今まで健康に良いよと言われていた、オレンジ、りんご、バナナなどを、上回る果実です。

 

パパイヤ含まれている栄養成分には、胃分泌を刺激し、消化を助ける成分も含まれています。
また、抗酸化物質のビタミンC、Eとベータカロチン、カルシウム、カリウム、ビタミンAとBが豊富に含まれています。

 

 

パパイヤの効能としては

 

・抗酸化作用
・整腸作用
・便秘解消
・疲労回復
・新陳代謝を促進する
・抗菌作用
・肥満防止

こんな効果が期待できるそうです。

体も喜ぶ食材パパイヤを、いつもと違った料理のやり方でいただいてみるのも良いかもしれませんね。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player