わきがの原因は何?どんな治療法があるの?

スポンサードリンク




 

人間関係でうまくいかない理由・・・。
実は、わきが(腋臭 ワキガ)が原因かも?

 

わきがで悩んでいる人も少なくないと思います。
でも、恥ずかしくてなかなか人には相談できませんよね。

 

悩み

 

そこで、わきが(腋臭 ワキガ)って何?

 

わきが(腋臭 ワキガ)は、正式には腋臭症(えきしゅうしょう)と言います。
知らない方も少なくないと思いますが、正式な名称があったんですね。

 

腋の下から出る鼻につくあの嫌な臭いが特徴的で
体質的なものとされています。

 

わきがは、身体を清潔に保つことで、
ある程度は軽減できますが、根本的な解決にはなりません。

 

多くの人は「わきが=不潔が原因」と誤解しているのですが
実は4つの原因があると言われています。

 

 

その4つの原因とは

 

 

・アポクリン汗腺からの汗の分泌

 

アポクリン汗腺からの汗に含まれる成分が雑菌により分解されることで臭います。
アポクリン汗腺は、エクリン汗腺の10倍ほどの大きさがあり
そのため「大汗腺」とも呼ばれています。

 

開口部は皮膚表面でなく毛穴につながっており
そのため、ワキの下、陰部、乳首の周り、おヘソの周り、
耳の中など、体毛の濃い特定の部位に存在します。

 

原因の割合は、ここが最も多いとされています。

 

 

汗を抑えることは改善する上で大切なことです。
汗をかいたら、わきの下をボデイーシート等でこまめに拭き、
皮膚を清潔に保つことでにおいをかなり予防できます。

 

 

・優性遺伝が原因

 

両親が、わきがの場合に子供に優性遺伝しやすいと言われています。
片親の場合でもおよそ50%の確率で遺伝するようです。

 

両親の場合に至っては、なんと80%の確率で遺伝すると言われてます。
正しく言うと、わきが自体が遺伝するのではなく
わきがになりやすい汗腺や体質が遺伝するということです。

 

・食生活による影響

 

以前、日本では、野菜や魚を中心とした日本食中心でした。
でも、食の欧米化により年々肉料理が中心になってきたことが原因だと言われています。

 

もともと日本人の体質は、わきがになりにくい体質と言われていましたが
肉料理が中心になってきた現在では、どんどんわきがが増えていったと言われています。

 

欧米の肉料理には、タンパク質が高く
動物性の脂質が多く含まれカロリーが高く皮下脂肪が溜まりやすいのです。
その為、アポクリン汗腺が皮下脂肪を刺激し
アポクリン汗腺の働きが活発になりわきがになってしまうそうです。

 

※アルコールや、にんにく、ねぎといった香りの強い食品の摂り過ぎにも注意しましょう。
逆に言うと、果物等、抗酸化作用のある食品を多く摂るように心がけるとよいと言われています。

 

 

 

・ストレスが原因

 

ストレスが原因でわきがになる事もあると言われています。

 
ストレスを感じやすい性格の人は
 

1.責任感が強い
2.世話好き
3.完全主義者
4.独りよがり
5.感情を表に出さない

 

治療法として

 

アポクリン腺などの汗腺を取り除く手術をするという治療があります。

 

・剪除法(直視下摘除法)
・皮膚切除法
・吸引法
・ローラーシェービング法
・超音波法
・電気分解法

 

手術に踏み切るには、不安を少なからず抱えてしまうものです。
自分にどんな治療方法があっているのか、手術の効果や程度を
医師と相談していきましょう。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player