目の疲れ どんな症状?原因は?

スポンサードリンク




 

最近では、時代の変化とも言えますが
学校や仕事でパソコンを使う機会が増え
家でも、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを使います。


スポンサードリンク



やっぱり目の疲れ(眼睛疲労:がんせいひろう)は気になりますよね?

目の疲れ

情報社会も進み手放せないスマートフォンやパソコン
自宅でも同じ、そこに加えてゲーム
朝から晩まで目に負担をかけている人も多いと思います。

 

目の疲れ(眼精疲労:がんせいひろう) の症状として

 

・目に疲れや痛みを感じる
・視界がかすむ
・頭痛がする
・嘔吐

こんな状態を物を見ているだけで感じてしまうことを言います。

 

※肩こりや首のこりを併発することもあります。

 

原因として

 

目の酷使

・パソコン作業やスマートフォン、携帯電話を長時間にわたって使用する。
・度がズレているメガネやコンタクトの使用。
※目に気づかないうちに負担をかけてしまいがちです。

パソコン

ここで、大きく影響されているのは
「ブルーライト(青色光)」と呼ばれる光です。
(パソコンやスマートフォンのディスプレイから出ています)

ブルーライトは、目のチラつきや眩しさなどを感じさせて
「目の疲れ」の原因に。

 

目が乾いている

 

目がスムーズに機能するために涙は欠かせません。
目にうるおいを与えるという大切な働きをしていますが、
目が乾いていると必要以上に目に負担がかかり
疲れを引き起こす原因になります。

 

目の疲れは、目を酷使したり、無理して物を見ようとすると、
筋肉疲労につながり、それが疲れ目の原因に。

 

パソコンやスマートフォンでの作業を例に上げると
長時間同じ姿勢で画面を見続けるとになり
目のピントも同じ距離を長時間合わせることになります。
これが、目の機能がフリーズさせてしまうのです。

 

※フリーズしてしまうと遠くがぼやけたという症状が出ます。

めまい

また、メガネやコンタクトレンズの度が合っていない人や、
老眼が始まった人も、どうしても目を酷使しがちの状態にあります。

 

目の疲れを解消するには
メガネやコンタクトレンズは、度を合わせましょう。

 

日頃、行うパソコン作業やスマートフォンでの作業は
休憩時間を挟んだり、ブルーライトをカットするメガネをかけて作業し
目が疲れないようにケアしていきましょう!



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player