子供の熱中症とは?サインはこんな症状だ!

スポンサードリンク




暑い夏がやってきますね!

熱中症
夏場に気をつけておきたいのが、

 

熱中症

 

特に、子供には気を使ってあげたいところです。

 

暑い日の外での運動や暑い室内に長時間いると
熱中症になっちゃう恐れがグッと上がるんですよ。

 

子供は、熱中症になりそうだったり
もしなっていても子供もの方から
調子が悪いよって言ってくるのは少ないですよね。

 

でも、体は何かしらのサインを必ずだしているんです。

 

そのサインを見逃さずに、熱中症から子供を守りましょう!

 


スポンサードリンク



 

子供がだす熱中症ののサインとは

 

子供たちは、夏だろうが冬だろうが
元気に活発な行動をしていますね。
そんな姿を見ると癒されます。

熱中症 子供

そんな時、気をつけないといけないのが熱中症。

 

サインを見逃さずに
対処していきたいですね。

 

こんな症状を見逃すな!

 
  • 体温が平熱より高い
  • 汗をかかない状態
  • 頭痛、フラフラ
  • 顔色がおかしい(赤みや、青)
 

こんな症状が出ていたら、
熱中症を発症しているかもしれません。

 

沢山の汗をかいていると、
水分不足で脱水症状まで引き起こしかねません。

 

こんな症状も

水分が不足してくると
皮膚の温度が下がって来るので
手が冷たくなっちゃう症状も。

 

汗をいっぱいかいてるときや
汗っかきのお子さんは、良く手を触ってあげましょう!

 

熱中症には、水分不足と塩分不足に
気を使って水分と塩分の補給を心がけます。

 

お出かけの際の必需品!

 

お出かけの際には、
水筒を持参して、中身をスポーツドリンクや
麦茶、水を用意しておきましょう。

 

塩分補給には、飴なんかどうでしょう!

 

管理人は、こんなアイテムを持参してますよ。

 
 

子供は、熱中症になりやすい?

 

カンカンの太陽!
その太陽の熱を受けて地面(アスファルト)は
ものすごい温度で熱くなっちゃっています。

 

子供は、背が低いために地面からの
照り返しを受けやすいんです。

 

気温による暑さと地面からの暑さ!

考えただけでゾッとしますね。

 

なので、外へでる際には、
水分補給と塩分補給を忘れずに!

 

こまめに、お子さんに気を使って
熱中症のサインを見逃さないようにしましょう。

 

まとめ

 

真夏日の外遊びは、沢山の汗をかきます。
子供には、必ず帽子をかぶせたて、水分補給をするなどしましょう。

 

大切なお子さんを熱中症から
守るためにも、家族でのお出かけは、
午前中や夕方など、比較的暑さを避けた時間帯を選びましょう。

 

こまめな水分補給と塩分補給が子供を守る!



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player