脱水症状 症状と原因 その対処法は?

スポンサードリンク




 

本格的な暑さがやって来ると気になるのが
脱水症状ではないでしょうか?

 

そこで、脱水症状の症状と原因、対処法を調べてみました。

 


スポンサードリンク



 

脱水症状とは

 

脱水という字の通り水分が体から排出されて
正常値(成人では体重の約60%、小児では体重の約80%)以下に
陥った状態のことをいいます。

原因として

 

体から排出される水分量に対して
摂取する水分量が不足している事がです。

脱水症状は3種類に分けられる!

 

・高張性脱水 は、水分が多く失われる水欠乏性の脱水
・低張性脱水 は 、ナトリウムが多く失われる塩類欠乏性の脱水
・等張性脱水 は 、水分とNa欠乏とがほぼ同じ割合で起こっている混合性の脱水

 

脱水症状の症状として

 

. 嘔吐、下痢、発熱、熱中症、などで引き起こります。
. 目の周りがくぼんできます。
. 唇喉の渇き。
. 尿が少量になり、色が濃くなる
. 便秘になる。
. 皮膚が乾燥して、手足が冷たくなる。
. たちくらみや頭痛、めまいが起こる。
. 意識がもうろうとする。
. 乳幼児は、ヨダレの量が少なく、泣いても涙が出ない。

 

子どもの脱水症状の予防として

 

じっとしていても大量の汗をかく子どもは
体中の水分含有量が、新生児では体重の80%、乳児は70%です。

 

 

※必要な水分量は成人(60%)より多くなっていますね。

 

 

そのため、少しの量の発汗でも脱水症状を引き起こす確率が上がります。
こまめな水分補給を心がけましょう。

 

高齢者の脱水症の特徴として

 

基礎代謝の低下のために水分が減少します。
筋肉や皮下組織にある備蓄水分量が減少してしまいます。

 

 

のどが渇きにくくなり、水分補給が減少してしまいます。

 

 

また、失禁や夜間頻が気になってしまい、水分を取らず我慢したり
水分補給を遠慮しがちになり、最終的に脱水症状になんてことがあります。
高齢者の特徴は、脱水症状の症状が軽度の場合、明らかになりにくい。

 

 

※隠れ脱水(かくれ脱水)になりやすいです。

 

脱水症状の予防ポイント

 

.水分補給を気にする行動(就寝前、起床時、入浴の前後、外出中、運動の前後・運動)は
特に注意が必要です。

 

.水分量の多い食事も心がけましょう。

 

.こまめに栄養と水分補給を心がけましょう。
(電解質を含んだスポーツドリンクや水、野菜ジュースなどで水分摂取と栄養が大切です)

 

脱水症状の応急処置(対処法)とは?

 

水分補給をしっかりして、予防をしましょう。
※でも、摂り過ぎに注意!

 

 

症状が軽ければ、電解質を含んだスポーツドリンクで
水分を補給し安静にしていれば、回復します。

 

でも急にたくさん水分を取りすぎると
肺水腫や脳浮腫、他にも心不全といった中枢神経合併症を
引き起こしてしまう可能性があり、大変危険です。

 

頭痛や吐き気など症状がひどい時は、
医療機関での治療を受けるようにしましょう。

まとめ

 

予防という意味として、

 

1番理想的なのは、栄養バランスの取れた水分を摂る!
糖分が多いスポーツドリンクより、野菜ジュースなどで
水分補給がおすすめです。

 

 

※当たり前ですが、十分な睡眠と健康的な生活習慣で
抵抗力をあげた健康な体を作ることが一番の予防法です。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player