ヘッドライトをHIDに交換!DIYで超簡単に取り付ける方法!

スポンサードリンク




愛車のヘッドライトがなんか、暗い!
ヘッドライトバルブを交換しても、変化なし。
特に雨の日は、車線などが見えにくく視界が悪く感じる。

 

どうしたものか?

 

何とか、ヘッドライトも光量をあげたいな?


スポンサードリンク



高級車のヘッドライトのような明るさが愛車に欲しい。
高級車にはHIDというヘッドライトが使われていて
あの、明るさを実現しているんです。

 

HID

この際、HIDに交換したい。

と、ここまでは考えているのに
決断が付かないあなた。

 

こう悩んでいませんか?

 
  • HIDへの交換費用が高そうだ!
  • 自分でDIY取り付けできるのかなぁ?
 

そんな、あなたの疑問に答えちゃいましょう。

 

DIYでヘッドライトをHIDに交換しちゃう方法を。

 

HIDって何?

 

HIDへの交換の前にHIDについてちょっと教えちゃいますね。

 

HIDとハロゲンランプとの大きな違いは、
フィラメントが有るか無いっていうところ!

 

 

フィラメントは、金属でこの部分は
密閉容器(ヘッドライトバルブ)の中にあります。

 

バルブ

このフィラメントが、一緒に入っているハロゲンガスに
反応して、発熱して発光しているんですね。

 

じゃぁ、HIDはどうやって発光しているの?

 

良い質問ですね!

 

HIDは、車の電力を高電圧に変換して
電子と金属電子を衝突させて発光していて
あの光量を実現させているんですよ!

 

では、いよいよ本題の取り付けに行っちゃいましょう。

 

DIYでHIDに交換する方法!

 

まず、あなたの愛車のバルブ形状を調べておきます。

ヘッドライトにはいくつかのバルブの形状があるので。

 

バルブの種類

  • H1
  • H3
  • H3c
  • H4
  • H7
  • HB3
  • HB4
ここで、適合バルブを調べることもできます。

http://www.nissei-polarg.co.jp/koito/hyo/

あなたの愛車の適合バルブがわかったら
作業に取り掛かりましょう。

 

用意しておくもの

 
  • HIDキット(愛車のバルブに適合したもの)
  • ラチェットレンチ(ソケットセット)
  • メガネレンチ
 

作業手順

 

・ボンネットを開ける。
バッテリーの端子からケーブルを外します。

※HIDは、超高圧電力です。
バッテリーの端子から、ケーブルを外して作業を行いましょう。

感電でもしたら危険です

 

・現在ついているハロゲンバルブの取り外し。

まず、ハロゲンランプについているカプラーを外します。
HIDカプラー

防水ブーツを破らないように
注意を払いながら取り外していきます。

 

・ハロゲンバルブを取り外します。

 

バルブは、セットスプリングで固定されています。
ここを、押さえてバルブを外していきます。

 

バルブ外し

 

・防水ブーツにHIDの配線を通していきます。

 

この時、防水ブーツにHIDバルブの台座が
大きいので通りにくい、カッターなどで
切込みをいれて通りやすくします。

 

ba-na-torituke

 

防水ブーツに通したら、ハロゲンバルブを
外した逆の手順で取り付けます。

 

次に、バラストを取り付けていきます。

 

赤い配線と黒い配線があります。

 

赤い配線をバッテリーのプラス端子
黒い配線をボディーアース
それぞれ配線していきます。

 

バラストを動かないように、ボデーへ固定、
長さが余った配線をまとめて出来上がり♪

 

HIDkannsei

 

 

動画で、作業手順をおさらいしてみましょう!

 



 

まとめ

 

HIDのメリットはハロゲンランプよりも
  • 遠まで
  • より明るく
  • より自然な明るさ
  • 寿命が圧倒的に長い
  • 省電力
 

こんなにメリットがあります。

 

自分でDIYで取り付けることができれば
費用もHIDキットの費用だけですんじゃいます。
ヘッドライトの光量が気になったら
HIDへ交換してみても良いですね。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player