節分の由来とは?子供向けにわかりやすく超簡単に!

スポンサードリンク




2月のイベントの1つ節分!
節分の日は、日本の伝統行事。
と考えている人が大勢いますよね。

 

052277

 

その節分を子供には、こんな感じで教えていないですか?

 

節分の日には、豆まきで鬼をやっつけよう!

 

「鬼は外!」
「福は内!」

 

合言葉のようになじんだこの言葉!

 

この言葉と一緒に豆まきをしようって教えていますよね!


スポンサードリンク



保育園や幼稚園から子供がかえってきたら、
鬼の役をやらされて、豆をなげられて

 

「イテテテ!」

 

鬼の役をするというのも大変ですよね!

 

でも、楽しそうな顔をして
豆をまいている子供の顔を見ると、
一緒に楽しんじゃいますよね。

 

そんな楽しい時間に緊張の一瞬!

 

保育士や親のみなさんは、子供にこんな風に聞かれたらどう答えます?

 
  • 節分って、何?
  • なんで、豆まきをするの?
  • 豆まきで鬼をやっつける事ができるの?
 

そこで、子供向けに教える保育士や親のみなさんに
節分の由来と豆まきについて、簡単にわかりやすく教えちゃいます!

 

これで、子供に聞かれても大丈夫。
あなたも、子供にもわかりやすく教える事ができやいます!

 

節分とは?由来は何?

 

節分は季節を分けるっていう意味があるんです!

 

ほら、字をよく見てみて、

季節を分ける⇒節分

 

1年って、春(立春)、夏(立夏)、秋(立秋)、冬(立冬)、と
4つの季節で区切られています。

 

その中で、立春は1年のはじまりとされていました。

 

節分の日は、季節の始まりの前日です。
つまり、立春の前日になります。

 

1年の始まりの前日?

そう大晦日にあたるんですね!

 

これは、旧暦で考えた時の話です。

 

新年に福を呼ぶために、
悪いことを起こす邪気をはらう為の行事だったんですね!

 

 

節分は、いつ頃からの行事?

 

節分は、平安時代に始まったと言われてるんです。

その頃、季節の変わり目には鬼がやって来る!

と言われていたんです。

 

鬼を豆まきで追い払うという行事は
室町時代には行われていたんですよ。

 

なぜ、豆まきをするの?

 

大晦日にあたる節分の日には、
豆をまいて邪気(災いや病気)を追い払おう!

 

新しい年を迎えるときに、がやって来る?

 

鬼は、災害や病気といった
目に見えない出来事を起こす悪い奴です。

 

新しい年を迎える前に、
この鬼を豆まきでやっつけるために
豆をまくってことなんですね。

 

なんで、鬼って言うの?

 

中国から伝わってきた鬼!

 

鬼(おに)は、中国の陰(おん)と一緒で
陰とは、目に見えない気や邪気のことを指しています。

 

豆まきで鬼をやっつけろ!

 

 

037432

 

 

その昔、節分には追儺(ついな)という
宮中行事がありました。

※追儺には、鬼やらいや厄払いという別名もあるんですよ。

 

追という行事の中に

 

豆打ち

 

があるんですが、
これが、豆まきとして広がったと言われています。

 

豆は大豆(だいず)を使っちゃう。

 

神様の力が宿るって言われている大豆には
鬼をやっつけることができると言われています。

 

その由来はこうです。

 

魔ものの目(魔目、まめ)に投げつけて
魔を滅する(魔滅、まめ)ことができちゃう!

 

なるほど、これで豆まきをする理由がわかりました。

 

大豆を福豆として使うためには
炒って使います。

 

生豆を使っちゃダメ。

 

生豆を使って、拾うときに
拾い忘れた豆からが出ちゃいますよね。

 

この眼は、悪いものとされているから
芽が出ないように、炒った豆を使うというわけです。

 

これで、節分の由来と豆まきをする理由が分かりましたね!

 

まとめ

 

超簡単に子供向けに説明する場合は、

 

1年の始まりは、春だよね!

 

冬から春に季節が変わる時、
鬼がやってきて風邪など悪い病気を起こさないように
1年間、元気に幸せになれますように
と願いながら豆まきをしようね。

 

と教えておげましょう。

 

やっぱり掛け声は、「鬼は外、鬼は外、福は内」と言って。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player