七草粥の由来とは?七草にこめられた意味はコレ!

スポンサードリンク




七草粥って、お正月が過ぎると食べますよね?
1月7日の朝は、七草粥を食べる!
私は、今まで、なんの疑問も感じずに七草粥を食べてました!

七草粥1
でも、思っちゃったんです。

 

なんで、七草粥?1月7日の朝に食べるの?

 

知りたくて仕方がないので調べちゃいましたよ

 

同じ、疑問を抱いたあなたにも教えちゃいます。

なぜ、1月7日に七草粥を食べるのか?その意味由来を!

スポンサードリンク


七草粥(ななくさがゆ)とは何?

七草粥は、簡単に言うと
1年の厄払いと健康を願って、今年も元気で過ごせますように!
という願いが込められた食べ物だったんですよ。

 

なぜ、1月7日に食べるの?

 

1月7日は、五節句の1つの「人日の節句」の日なんです。

 

中国からの由来と言われていますが、

元旦・・・鶏
2日・・・狗(犬)
3日・・・猪
4日・・・羊
5日・・・牛
6日・・・馬
7日・・・人
8日・・・穀

こんな風にみたてて、新年の運勢を占ったり

七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という

7種類の若菜を入れた汁物を食べて、健康祈願したという事から由来しています。

この中国の風習が伝わって、七草粥として

平安時代から、食べ始められたといわれているんですよ。

 

 

七草粥に入れる七草に込められた意味!

 

七草粥2

 

七草粥には、春の七草を入れちゃいますが
その七草には、それぞれ効果効能、そして、意味があります。

 

 

七草の種類

 
  1. セリ
  2. ナズナ
  3. ゴギョウ
  4. ハコベラ
  5. 仏ノ座
  6. スズナ
  7. スズシロ
 

上の七草が一般的な七草です。

 

 

七草効果効能を表にしてみました。

 
七草 効果・効能
セリ(芹) 健胃・食用増進・解熱・利尿・去痰
ナズナ(三味線草) 止血・消炎・鎮痛・利尿・解熱・下痢止
ゴギョウ(御形)別名は母子草 せき止め・去痰・扁桃腺炎・利尿
ハコベラ 別名は、はこべ 利尿・乳汁分泌促進・歯痛・消炎
ホトケノザ(仏の座) キク科の「コオニタビラコ」健胃・食欲増進・歯痛
スズナ現在の蕪(かぶ) 消化促進・解毒・せき止め・そばかす
スズシロ(現在の大根) 消化促進・せき止め・去痰・利尿
 

これで、七草効果効能はわかりましたね!

じゃぁ、七草に込められた意味も教えちゃいます。

七草の名前込められた意味も表で見てみましょう!

 
七草 込められた意味
芹(セリ) 競り勝つ
薺(ナズナ) 撫でて汚れを除く
御形(ゴギョウ) 仏体
繁縷(ハコベラ) 繁栄がはびこる
仏の座(ホトケノザ) 仏の安座
菘・鈴菜(スズナ) 神を呼ぶ鈴
蘿蔔・清白(スズシロ) 汚れのない清白
 

 

豆知識として

 

春の七草の場合ですが、実は、七種って書くんですよ!

七草は、本来、秋の七草を指すんだそうです。

 

ちなみに、秋の七草

 
  1. おみなえし
  2. おばな
  3. ききょう
  4. なでしこ
  5. ふじばかま
  6. くず
  7. はぎ
 

 

最後に

 

七草粥由来意味がわかったところで
今年も、1年を元気で過ごせるようにう願って
七草粥を1月7日の朝に食べてみませんか?



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ
出会い系の手口

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player